ショップ運営ガイドライン

本ガイドラインは、弊社サービスをご利用頂くショップオーナーの皆様が安心してショップを運営するためと、知らず知らずのうちに法令に抵触したり、第三者に迷惑をかけることを未然に防ぐために制定されました。

不適正なサイトでの販売は、ご購入頂くお客様に迷惑をかけることにもつながります。適正にショップを運営し、お客様にも安心してお買い物をしていただき、ショップのファン(リピーター)を増やすためにも、このガイドラインを守りましょう。

ガイドラインに反した行為があった場合、弊社サービスがご利用いただけなくなってしまう場合もございますので、以下の点につきまして、十分にご留意いただきました上でのご利用をお願い致します。

なお、当社が必要と判断した場合には、いつでも本ガイドラインを変更することができるものとします。ただし、本ガイドラインの重要な要素を変更する場合にはショップオーナー様に向けて配信しておりますメールマガジンにて告知を致しますので、メールマガジンが正しく受信出来ているか、今一度ご確認ください。

1. 販売/集客方法について

1-1. 広告宣伝行為について
広告宣伝が禁止されているサイト(掲示板、Q&Aサイトなど)での集客は、サイト運営者様に多大なご迷惑をかけることになります。広告宣伝が可能か必ず確認しましょう。
また、広告宣伝を禁止していないサイトだとしても、サイト運営者様にとってご迷惑となる行為を禁止します。
1-2. 法律、公序良俗に反する行為について
法律、公序良俗に反する方法での販売や集客の一切を禁止します。
1-3. 他社サービスを利用しての販売について
他社サービス(ヤフオク!、Yahoo!ショッピング、Amazon.co.jp、メルカリ、その他のオークションサイト、カートサービス)を利用して販売することは出来ません。
次の行為についても禁止します。
  • 他社サービスの販売ページほかに販売責任者として、「株式会社もしも」と表記すること。
  • 他社サービスの販売ページほかから、「もしもドロップシッピング」の販売ページへの誘導をすること。(「商品詳細」ボタン、「カートに入れる」ボタンの設置などを禁止します)
  • 他社サービスを利用して受注した商品を、もしもドロップシッピングカート機能を使って注文をすること。
  • もしもドロップシッピングショップ運営以外で、もしもが提供する全ての商品情報、画像の利用すること。
  • 上記の禁止事項に違反し、他社サービスを利用して受注した注文の購入者との取引に関する連絡は全てショップオーナー様と購入者様の間で行っていただく必要がございます。
  • 上記の禁止事項に違反し、ショップオーナー様に損害が起きた場合も、一切責任は負いかねます。
他社サービスを利用しての販売には、弊社の別サービス「TopSeller」を利用いただくことをおすすめします。

TopSeller
TopSeller(トップセラー) - ネットショップ専門の商品仕入れサイト

1-4. 特定電子メール法について
独自にメールアドレスを収集し、メールマガジンを発行する場合、特定電子メール法を遵守できているか十分に注意してください。特にメールの受取を許可していない方へ向けて、メールマガジンを発行することは重大な違反となります。ご注意ください。
自動メールアドレス収集ソフトなどを利用して取得したメールアドレスへ向けての販売は禁止します。

また、メールマガジン本文内に「株式会社もしも」が発行するメールマガジンではない旨を明記していただけますようお願い致します。

例)このメールマガジンは◯◯が配信しています。「株式会社もしも」が発行するものではありません。
※◯◯には運営者名、もしくはショップ名を挿入 特定電子メール法
1-5. 販売価格設定について
商品の販売価格には、商品ごとに必要に応じて設定されている「最低販売価格」と、一律で設定されている「上限販売価格」があります。 上限販売価格について
この価格を崩しての販売は一切行えません。価格を崩していない場合においても、お客様からのクレーム、ベンダー様からのクレームに繋がるような場合には、販売を停止していただくことやアカウント停止となることがございます。
また、意図的に販売価格を高く設定し、自分自身で購入し、クレジットカードのポイントを稼ぐなど、弊社が不正であると判断する行為を行った場合には、関係各所への通報、アカウント停止を行わせていただくこともございます。十分にご注意ください。

2. ページ上での表記について

2-1. 医薬品医療機器等法、景品表示法、商標権について
ページ上での表記は関連諸法令を遵守し、記述する必要があります。(そうしないと、不適正なサイトとみなされるためです)
ショップオーナー様自身で商品説明文やキャッチコピー等を記述する場合、特に医薬品医療機器等法(旧薬事法)、景品表示法、商標権侵害に関しては、ショップオーナー様自身で判断をして頂く必要がございます。
上記、法律に反する表記を行い、ショップオーナー様自身、もしくは弊社並びに第三者に不利益や損害が発生した場合、責任の所在はショップオーナー様自身となりますのであらかじめご承知おきください。
2-2. 商品情報の表記について
「もしもドロップシッピング」に登録されている商品情報(商品名、キャッチコピー、商説明文、価格、出荷目安など)が法律や条令、規則の変更等に合わせて変更された場合、ショップオーナー様自身のページの表記も、それに合わせた内容に変更する必要があります。
2-3. 著作権について
サイトデザイン、キャッチコピー、画像、商品説明文等のコンテンツは、「もしもドロップシッピング」が提供するものを使用、もしくは、オリジナルで作成したものを使用する必要があります。
他社のサイト、他のショップオーナー様が作成したデザイン、キャッチコピー、画像、商品説明文等をコピーして使用した場合、著作権等の侵害にあたるおそれがございます。「他の方もやっているから」と安易にこれらの行為をすることはおやめください。
著作権は商標などと違い、登録を必ずしも要さないため、既存のデザイン、キャッチコピー、画像、商品説明文等はすべてに第三者が著作権を有しているものとお考えください。
許可がない芸能人が写っている写真、芸能人名、芸能人の言葉は使用しないよう、特にご注意ください。
2-4. 商標権について
独自にサイト名、キャッチコピー等を作成する場合、商標権を侵害してはいけません。
「良い名前、良いキャッチコピー」だと思っても、他の方や企業によって商標登録されていた場合、特許庁が認めた他の方の権利を侵害することとなります。
必ず事前に下記サイトにて、商標登録の有無を確認してください。 商標検索
2-5. JADMA(公益社団法人日本通信販売協会)の表記について
もしもが加盟しているJADMA(公益社団法人日本通信販売協会)のロゴ、ならびに、「JADMA(公益社団法人日本通信販売協会)正会員です。」というテキスト表記は、ショップオーナー様のサイト上に掲載することはできません。また、これを誤認させる類する表記も掲載できません。
例)
JADMA

3. 確定申告について

3-1. 確定申告、納税義務について
ドロップシッピングでの収入は、原則として確定申告する義務があります。確定申告、納税を怠った場合、附帯税が課せられる場合もありますので、ご注意下さい。
収支管理には、全自動のクラウド会計ソフトFreeeを使うこともおすすめです。
3-2. 所得控除の相談について
所得額、就業形態等で確定申告する必要がない場合もあります。また、確定申告が必要な方でも、申告方法等により所得控除を受けられる場合があります。詳しくはお近くの税務署、税理士、国税庁にてご相談下さい。 国税庁